9月 14 2015

長茎を目指すには

Published by under 備忘録

昔の鉄工所を漫画にした作品は多くあり、
鋼の肉体で鉄と取り組む荒くれ者の話は映画でもよく見かけました。
女性のいない職場では、男性器の比べあいのようなこともあったそうで、
昔から長茎にするエクササイズ?的なものが流行ったりしていたそうです。
今では有名な外科クリニックが長茎・包茎術を安全・確実に行い、
実績もかなりあがっているようですね。
日本人の実に70%が包茎で、男性器で悩みを持つ人も多いでしょうから。
今では長茎術なら60分で施術が終わるそうです。

No responses yet

6月 10 2014

鉄や鋼もすっきりとお茶の香りに?

Published by under 備忘録

巷では色んな物のフレーバーが、人気だと先日会社で聞きました。
特に日本系の香り。
白檀やヒノキ、グリーンティーなどがリラックス効果が高いとのことでした。
そこで私は考えました。
鉄など、鋼もすっきりお茶の香りにしてしまうのはどうだろうと。
鉄など、よく「鉄くさい」と言われますから、その払拭にも一役買える事間違いなしではないでしょうか。
…とはいえ、鉄はほとんど見えない場所で使用されますから恩恵は少ないでしょうね。
しかも安いお茶の場合鉄っぽいっていいますから、2倍で駄目になるかも…。

No responses yet

5月 16 2014

電池ケースを必要とする人

Published by under 備忘録

鉄鋼関係のことは比較的詳しい方かと思いますが、実は電機系もそこそこわかります。
というのは仕事で関わったことがあるので、一通り勉強したからなんですね。
いつだか、そのように話したからだと思いますが、
数人から自作PCの関係などで質問されたりしました。
自分の趣味でもあったので、ある程度はアドバイスできたのですが、
やはり電気街の店員さんに聞くのが早いかも知れませんね。
最近は電池ケースには詳しくなりましたよ。
必要な方はお尋ねくださいね。

No responses yet

4月 22 2014

千葉ガラスコーティングをし、工業地帯を見ながら・・・

Published by under 備忘録

車ほど、鉄鋼業と密接な仕事はないですよね。
ほぼオール金属ですから。
千葉でガラスコーティングをした帰りに、
千葉の湾岸の工業地帯を眺めながら
仮に車の素材が金属でなくなったら、どうなるだろうな?
なんて物思いにふけってしまいました・・・ホントどうなるんでしょう?
私の仕事に影響がない事を祈ります。

No responses yet

11月 13 2013

化粧品の販売許可は品川区で?

Published by under 備忘録

知人の話ですが、ご主人が大手製鉄会社で働いていることもあり、夫婦で仲良くさせてもらっているんです。
実はこのご主人、私と同じ鉄オタクで鉄鋼関連の話題で盛り上がれる数少ない同志なんですよね。
ということもあって、知人の嫁の方のお願いは断りづらいのです。
先日は「化粧品の販売許可を品川区で取る方法を調べてほしい」と、オーダーが。
準備でいそがしく、調べる暇もないようで、思いっきり専門外ですが、
頑張って情報集めをしたら、外れてなかったみたいで良かったです。

No responses yet

9月 18 2013

鉄製のチラシはオンデマンド印刷できないですよね?

Published by under 備忘録

いくら万能な鉄でも広告は作れないというか、
割に合いませんのでチラシやらなんやら紙のお世話になりますよね。
何故、こんな事を言うかと言いますと、昔のフライパンの広告を先日博物館で見かけたのです。
なかなか時代がかった代物で、古い感じな広告でしたがフライパンはあんまり変わらないなぁなんて感心しました。
今の時代はwebやら、紙でもオンデマンド印刷などですぐ広告ができてしまいますが、
この頃のものは多分ですが、すんごい時間と頭を使ったんでは?なんてことも考えました。

No responses yet

9月 06 2013

過払い金の無料相談を受けたあとは

Published by under 備忘録

一般社団法人の日本鉄鋼協会をご存知でしょうか?
このサイトをご覧になる方はご存じの方も多いでしょうね。
実はここに紹介されているイベントに参加したりしているのですが、
論文の電子投稿もできたりするんです。
鉄に興味のある方はぜひ一度ご覧になってください。
さて、先日も鉄関連のイベントがあったのですが、同じ会場で過払い金の無料相談会もありました。
私も会場で隣り合わない限りは「グレーゾーン金利」という言葉も聞いたことがなかったですが、
なるほど、これは見落としている方も多いかもしれません。

No responses yet

8月 16 2013

鉄と社会の関わりと親鸞会について

Published by under 備忘録

鉄と人間の関わりは深く、鉄器時代以降、製鉄の技術が文明を支えてきたといえますね。
文明にとって鉄は強さ、技術力のあかしです。
さて、最近私は、人と宗教について考えることも多いんです。
文明を支えた鉄と同じように、人間の精神を支えたのが宗教なのではないかと思うところがあるからです。
先日親鸞会の方とお話する機会がありました。
浄土真宗は今や葬式・法事仏教といわれていますが、
親鸞聖人の教えの一端を聞いてみると、なるほど時代が見えるようです。

No responses yet

7月 25 2013

水道の水漏れと鉄さびと…

Published by under 備忘録

日頃から鉄のことを考えていることが多く、ついつい鉄製品に目がいってしまう私ですが、
見落としていたのです、台所のシンク下のパイプを…。
水道を使用していないのに、シンク下からジワジワと水が染み出しているのを発見し、
水道の水漏れではなさそうだとシンク下の扉を開けたら…錆びてました…パイプが…。
まさか我が家の排水パイプが鉄だったとは思いもしませんでしたが、そういえば築何十年だったか…。
さっそく工事の方に来てもらって交換することになりました。

No responses yet

7月 19 2013

「航空券 最安値 国内」と調べてる私には…。

Published by under 備忘録

玩具売場で「圧倒的重厚感!!」のポップに足を止め見てみると、
全て鉄製の飛行機が飾られていました。
大きさは約40cm近くあり、確かに重厚感が。。。しかし私をもっと圧倒したのは値段。
なんと約500,000円!50万円です!車買えます!高い!
ディティールや曲線も凄く良く出来てるけど、もうそんな問題ではない高すぎる!
只でさえ、飛行機に乗るときは、「航空券 最安値 国内」で検索して出来る限りやすく上げる私には、
この飛行機はいくら鉄でも手がでません。

No responses yet

6月 21 2013

鉄のラインバレルをさいたま市の矯正歯科で発見

Published by under 備忘録

「鉄のラインバレル(くろがねのラインバレル)」という漫画をご存知でしょうか?
今から10年近く前にチャンピオンレッドで連載されていたのですが、
さて、どのような漫画家といいますと、ずばり、ロボット漫画です。
さいたま市の矯正歯科で偶然発見しました。
「時代設定は2019年。秘密結社と、それを阻止しようとする武装組織とが対立している。
2つの組織はオーバーテクノロジーで作られた巨大人型機動兵器・マキナと、
その模造品・アルマや迅雷を用い戦いを繰り広げる。」
という…6年後の世界、鉄と社会はどのように進化しているのでしょうね…

No responses yet

6月 07 2013

大崎の接骨院の帰りに古代日本の鉄と社会に思いをはせる

Published by under 備忘録

実はちょっと離れた大崎の接骨院に通っているのですが、
電車での移動時間が長いため、今は「古代日本の鉄と社会」という本を読んでます。
鉄に関するあらゆる書物を読んでいて、納得もするのですが、
科学的な裏付けの部分で、昔のものはデータが少ないので、
「??」と疑問に感じることも多々あります。
しかし、古代の鉄社会に思いをはせるのも、楽しいですし、
いろいろ足りない部分を補完していく作業をしてみたいと思っています。

No responses yet

5月 20 2013

ウェディングドレスのレンタルも変わった…

Published by under 備忘録

私の知人が2回目の結婚をすることになり、今回は親族だけで海外ウェディングをするらしい。
2回目だから準備も手間取らないかとおもいきや、前回は日本、今回はハワイとのことで、
いろいろ事情も変わってくるらしいですね。
先日、ちょっと用があったので、飲みながら昨今の結婚式についていろいろ話を聞いていたのだが、
特にウェディングドレスのレンタルも、タキシードレンタルも式場、
パーティーの準備まで比較的安価なものが多くなっているらしい。
気軽に海外婚ができるようになったんですね。

No responses yet

4月 18 2013

交通事故などに遭わないように気をつけて欲しい

Published by under 備忘録

鉄工所の集会というのがあって、会社の近くだったので
私も顔を出させていただくことになったんです。
ちょうど会いたいと思っていた方がいらっしゃるので楽しみにしていたんですが、
当日その方が乗るはずだった飛行機が欠航になり、電車に切り替えるので
少し遅れるという連絡をもらいました。
かなり込み合っているらしく、どうぞ慌てて交通事故などに遭わないように
時間を気にせずゆっくりお越しくださいと伝えました
元気なお姿を拝見したいのでね。

No responses yet

4月 16 2013

製鉄所で見たロータリーバルブ

Published by under 備忘録

前にひょんな事から製鉄所に見学にいく機会を得られまして、
行ったときなんですが、本当、製鉄所ってすごいですね。
何がすごいって全ての機械のスケールが何しろデカい!!って事です。
ロータリーバルブなど色々、機械の名前を聞いたのですが、
横文字が中々覚えられないため、忘れてしまったのですが・・・笑
あのスケールの大きさは忘れられませんね。
また行く機会があったら、ぜひ行ってみようと思います。

No responses yet

4月 05 2013

家族写真は小金井で撮らかったんです

Published by under 備忘録

社会学系のセミナーがあり、ちょうど小金井を通ることになったので、
実家の家族を誘って食事にでも行こうということになりました。
夕方から兄一家も合流することになり、
それならみんなで家族写真を撮影したいと両親。
結局兄一家を車で迎えに行き、家族写真は小金井ではなく、
途中にある写真スタジオで撮りました。
割引チラシを母がもっていたらしく、数パターンのいい感じの写真が撮れたようだ。
週末受け取りに行くのが楽しみになってきた。

No responses yet

2月 08 2013

焼き鳥は大島で所用を済ませてから

Published by under 備忘録

今日は東大島の会社に行く用があり、中途半端な時間だったので、
そのまま直帰することになりました。
あまり来ない地域だから、亀戸の餃子でも食べに行こうかな~とも思ったけど、
てくてく大島方面に歩いて行くうちに、いい感じの焼き鳥屋を発見した。
余裕があればあとで亀戸にも行こうと思いつつ、大島の焼き鳥屋の暖簾をくぐった。
やー。焼酎の種類も多いし、焼き鳥は旨いし、つまみは気が利いてるし、
すごくいい店でした。写真を撮るの忘れた…。

No responses yet

11月 05 2012

ジムニーのコンプリートカーを欲しがる友人について

Published by under 備忘録

産業の再編について、よく語られていることに鉄と車がある。
20世紀末の社会主義国家の破綻によって、資本主義国家が受けた影響など、
語り出すと論文調になってしまうのだが、今日の話題は別。
ジムニーのコンプリートカーを欲しがっている友人のことである。
若者の車離れが叫ばれて久しいが、「車って本当に必要ですか?」と
逆質問されてたじろぐ50代男性がニコ動で話題になったりした。
が、この友人は20代にもかかわらず、お金を貯めては車に費やしているのだ。

No responses yet

10月 05 2012

炉の温度とコレウスフォースコリでダイエット成功!笑

Published by under 備忘録

地元の駅で突然、○○と声をかけられた!
振り向くと、全然しらない人、えっ?みたいな顔をしていると
Nだよ~と高校時代の友人の名前をいうではないですか、
それで、よくよくみるとN君の面影が。
おぉ~、っていうか面影がなくなるほどの痩せすぎ!
高校時代は、自分の見立てでは、100の大台にのっていたはず。
それが、今は75まで落ちたんだそう。
何?病気?って思わず聞いてしまったくらい笑
実際、健康診断でこれ以上はよくないといわれてダイエットを決意。
タイミングよく、N君は、ある製鉄所で、その炉の前での作業が増えて
毎日毎日、大汗をかいての作業と、話題のコレウスフォースコリのダブルパンチで
一気に痩せたとの事。
ダイエットで何回も失敗している方、製鉄所がおススメです笑

No responses yet

9月 05 2012

鉄と社会は排水溝のつまり?

Published by under 備忘録

鉄のように社会は固くて厳しいと父に言われて数年が経ち、ようやく今年から社会人として働くことになった。
楽しみと不安が入り混じる何とも言えない気持ちだが、私は鉄よりも手ごわい存在を知っている。
それは、排水溝がつまり、水のトラブルが発生してしまうことです。
今まで何度も水のトラブルに巻き込まれてきましたが、その度に色々経験できたと思っています!
水のトラブルを解決してきた経験が少しでも社会の中で役に立つのではないかと個人的に期待しています!

No responses yet

8月 28 2012

レンガ式のたたら製鉄

Published by under 備忘録

昔ながらの製錬方法にたたら製鉄という方式があります。
その歴史は古く平安時代くらいからあるそうです。
そのたたら製鉄をレンガ式の炉でやっているのを見かけました。
たたらと聞くと、日本刀の製鉄のためにおこなわれていたというイメージがあるため
日本古来の方法とレンガという西洋なイメージのあるものが
融合した感じが自分の中では、すごくカッコいいものにうつりました。

No responses yet