8月 16 2013

鉄と社会の関わりと親鸞会について

Published by at 4:47 PM under 備忘録

鉄と人間の関わりは深く、鉄器時代以降、製鉄の技術が文明を支えてきたといえますね。
文明にとって鉄は強さ、技術力のあかしです。
さて、最近私は、人と宗教について考えることも多いんです。
文明を支えた鉄と同じように、人間の精神を支えたのが宗教なのではないかと思うところがあるからです。
先日親鸞会の方とお話する機会がありました。
浄土真宗は今や葬式・法事仏教といわれていますが、
親鸞聖人の教えの一端を聞いてみると、なるほど時代が見えるようです。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply